Morning star

韓国歌手Timが大好きです。 Timくんファイティン!!

スポンサーサイト

Posted by ma-jo on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不朽の名曲2「가나다라.」発売

Posted by ma-jo on   0 comments   0 trackback

アンニョン!

先日放送になった「不朽の名曲2」がデジタル発売になりましたよ!


COVER-~1

01. 한번쯤 ー태민 [샤이니]
02. 담배가게 아가씨 ー린(LYn)
03. 불꽃 ー노브레인(No Brain)
04. 피리 부는 사나이 ー알리(Ali)
05. 가나다라 ー팀(Tim)
06. 상아의 노래 ー소냐(Sonya)
07. 푸르른 날 ー임태경
08. 나비소녀 ー나비(Navi)[알앤비]
09. 왜 불러 ー신용재 [4men]
10. 내나라 내겨레 ー홍경민
11. 우리는 ー이정
12. 당신은 ー지오[엠블랙]
13. 사랑이야 ー제아
14. 맨 처음 고백 ー성훈(Brown Eyed Soul)



アルバム紹介<不朽の名曲2 - 伝説を歌う " - ソンチャンシク編

テミン - 一度(作詞·作曲:ソン·チャンシク編曲:キム·ジンファン)
1974年ソン·チャンシクが軍生活をしながら作った曲でソン·チャンシクの "スター"に登板することにした曲だ。韓流アイドル "SHINee"テミンが二十歳になった2012年!初めての一人立ちしている意味のある舞台に、壮大なストリングス&ブラス演奏とテミンの安定したボーカルが一団となって静かな感動をプレゼントした。

リン - タバコ屋の娘(作詞·作曲:ソン·チャンシク、編曲:ゴテヨウン)
歌詞の滑稽さはもちろんのこと、ブルース、国楽、大衆音楽の語法を一度に溶かし形式の自由さをしようとする果敢な曲でユン·ドヒョン、ブラウンアイドソウルなど、多くの後輩歌手たちもリメイクをした曲だ。甘美なボーカルリンジャズとロックを行き来する楽しいアレンジで、普段見られなかったボーイッシュな魅力を披露した。

ノブレーン - 花火(作詞·作曲:ソン·チャンシク、編曲:ノブレーン)
1975年ソン·チャンシクが歌手精米条に与えられた曲で歌手精米調の歌の中で最高の傑作に数えられる曲だ。ピョンピョンはねる16年目のロックグループ!ノブレーンは楽しく遊んでみようというグループNO BRAINのコメントで始めて、一気に観客を全員起立させた。ノブレーンのがもっと積極的に咲いた "花火"の舞台だった。

アリ - パイパー男(作詞·作曲:ソン·チャンシク編曲:ヨウンゴン、広告、アリ)
韓国的情緒を投影しようとするの立ち上がり曲1974年ソン·チャンシクブームを起こした曲だ。この曲を選曲した通知の原曲を最大限に生かした編曲の自由な身振りで素足の闘魂まで広げて、 "パイパー男"がアリの色で再誕生した。

Tim - カナダラ(作詞·作曲:ソン·チャンシク、編曲:2face)
1980年に発表された曲でソン·チャンシクが日本に行ったが、在日同胞たちにいってもを教えてあげたくて作った曲だ。在米同胞出身チームは、学生の立場としてこの曲を選曲したと機転が利くように述べた後の曲をはじめ、スイングと国楽の完璧な調和が成した新鮮な "ガーナダラ"の舞台を披露し拍手喝采を受けた。


ソニア - 象牙の歌(作詞:チェプン、作曲:ギムフイガプ、編曲:SUN、AD)
イ·ミジャ、ドラマ主題歌、最終的に1972年ソン·チャンシクに渡されたこの曲は6年ぶりに歌手の本分でカムバックするソニアが選曲した。切ない昔の思い出にしてくれている魔力を持ったこの曲ソニアは切々と感性と爆発的な歌唱力を披露して感動をプレゼントした。

イム·テギョン - 青い日(作詞:ソジョンジュ時作曲:ソン·チャンシク編曲:ジャンジウォン)
ソン·チャンシクがソジョンジュ詩人にホンサハン曲1983年大賞に輝いた曲だ。魅力的で清らかなボーカルのイム·テギョンは、この曲を一方の時のように暖かく熱唱した名曲判定団の心を捕らえた。

蝶 - 蝶の少女(作詞·作曲:ソン·チャンシク原曲:ギムセファ編曲:ハヒョンジュ、梨花、ジョンサンファン)
7,80年代を代表する女性歌手ギムセファのデビュー曲であり、ヒット曲で歌手の蝶は、楽しいレトロにアレンジをした。 R&Bボーカルの女性歌手の蝶のパワフルな声はもちろんのこと、びっくりダンスの実力まで編曲:Wasabii Sound)
ソン·チャンシクが作詞·作曲したキム·ヨンジャの演歌曲にセクシーで男性的なボイスが引き立つアイドルグループエムブラックの "ジオ"がこの曲を完璧に消化して女心を揺さぶった。クラシックカールおしゃれにアレンジされたこの曲を歌ったジオは、優秀に濡れた目つきまで披露して素敵な舞台マナーをお目見えした。

ゼア - 愛だ(作詞:ハンソンスク作曲:ソン·チャンシク編曲:パク·ジュウォン、イ·ギュヒョン)
1978年に発表されソン·チャンシクの代表曲で夫人ハンソンスクさんが作詞してソン·チャンシクが作曲した曲。ジプシーギタリストパク·ジュウォンと一緒にモトスロン舞台をお目見えしたブラウンアイドガールズ '私'は切ない愛を伝え、見る者の目頭を濡らすようにした。

ソンフン - 初めての告白(作詞·作曲:ソン·チャンシク編曲:成勲、エコブリッジ)
1974年に発表された曲でソン·チャンシクの作業ソングとして紹介されたソン·チャンシクのヒット曲である。韓国最高のR&BグループBrown Eyed Soul "勲"は、甘美なピアノ演奏をはじめ、ぎくしゃくした声まで披露してR&Bスタイルの "初めての告白"を完全に再誕生させた。



へぇ~「カナダラ」って日本とも関係のある曲だったのね。

デジタル発売です。またもや。
でもCDになるのかなぁ~なんて予想してます。

よく見ると、この無知なアタシでも名前ぐらいならしっている歌手ばかりですね。

アタシ、この番組のことをあまり知らなかったんですけど
特に歌がすごく上手な歌手が出る番組なんですね~

これにTimくんが出たなんてすごい!
そして発売まで・・・


なんとしてもCD化!!

Timくんに貢献したい!!

よろしく頼みます~~~~~~

1分間だけど視聴はこちら

メロン

「オ~オ~♪」ってのが耳に残るね^^


再び動画をUpします^^

ちょっと生意気そうな(ヤサグレ風;;)なTimくんが素敵❤




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。