Morning star

韓国歌手Timが大好きです。

スポンサーサイト

Posted by ma-jo on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Someday」

Posted by ma-jo on   2 comments   0 trackback

Timくんといえば
バラードの王子さま。
このネーミングが古いのかどうかはさて置いても
ドラマ中の切ないシーンにはやっぱりTimくんの歌声がピッタリだと思います。

(と、いいつつドラマは相変わらず見ないんですけどね。)

ドラマ「ファンタスティック」OST
756263mm.jpg
*「Someday」 10月8日リリース




チュ・サンウク、キム・ヒョンジュ、パク・シヨンなど演技派俳優が一つになって下半期JTBC最高の期待作で選ばれているドラマ‘ファンタスティック’(演出チョ・ナムグク脚本イ・ソンウン)のOST七回目走者で胸を治癒するボーカルの所有者ヒーリング ボーカル‘チーム’が電撃参加した。

今回‘チーム’が参加した曲はリメーク曲で女性歌手‘キム・ドンヒ’が呼んだ‘サムデイ’という曲だ

劇中女主人公‘ソへ’の主治医の役割で毎度‘ソへ’の心をさわる意志(医師)‘ホン・ジュンギ’役割を受け持った俳優‘キム・テフン’が口ずさむ歌でドラマを見る視聴者たちの心をより一層残念にさせる曲でもある。 電撃的なリメーク製作にヒーリング歌手‘チーム’も電撃的に参加を決めたし、原曲の作曲家である‘成歓(ソンファン)’の再編曲を通じてシンプルで硬い構成力を持って再び作られた。 丈夫なピアノ リーフにそれをかばっている雄壮なパッド性弦楽器とコーラスが暖かい‘チーム’のボーカルとよく組み合っている。

'ファンタスティック’は窮余の策‘今日だけ生きる’メンタル甲ドラマ作家イソへ(キム・ヒョンジュの方)と‘トルキチュンマン’発煙期職人トップスターリュ・ヘソン(チュ・サンウクの方)のぴりっとした‘期限限定恋愛談’を描いた予測不可ロマンチック コメディで、美しい今日を満喫して買うのがどれくらいファンタスティックした仕事なのかを二人の短くてぴりっとしたロマンスを通じて愉快に描き出す予定だ。

ドラマOSTは‘臭いを見る少女’ ‘美女の誕生’ ‘タクトス’の音楽監督で良く知られた‘パク・セジュン’音楽監督と最高のドラマOSTプロデューシング会社(株)ドーナツカルチャーの名品合同作品で劇の面白みを増すだろう。

ヒーリング ボーカル‘チーム’の[ファンタスティックOST Part. 7]サムデイ(Someday)は10月8日土曜日夕方8時に電撃公開される。




「Someday」

ある日あなたに会って
愛の喜びを悟って
私のような男も愛を分かるようにして

ある日あなたに会って
愛の意味を学び
国は人がいるということを知るようになって

ある日あなたに会って
私は愛して

その時は愛を消して
また消さなければならないのか

愛が愛を含んで
涙は平気で流れて
別れが何かも分からなくて私は笑った

ある日あなたに会って
私は愛して

その時は心臓を取り出して捨てても
ならないのを本当に知らなかった

あなたの名前を
呼んで呼んで呼んで呼んで
努めてみても涙が
私の手を握って捉えてあなたを止めても
私一人愛した
私だけを見守った
そのような人がいるということに感謝して

ある日あなたに会って(ある日あなたに会って)
愛の意味を学び(愛の意味を学び)
国は人がいるというかける(国は人がいるというかける)
知るようになって

ある日あなたに会って私は愛して
その時は心臓を取り出して捨てても
ならないのを知った


ライブだす。


原曲

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。